電子黒板とは

デジタル機能を持つ黒板のことで、プロジェクターで投影するタイプ、ディスプレイを従来の黒板に設置するタイプなどがあります。画像や動画を表示、書き込み、保存が主な機能としており、効果的に活用することで子どもたちの関心・意欲が高まったり、教師の業務を効率化を図ることが可能です。
2019年、文部科学省はGIGAスクール構想を打ち出しており、その一環として学校への導入を積極的に進めています。2021年3月時点の整備率は70.3%と進んできてはいますが、岡山県では91.1%であることに比べ、秋田県では29.6%と地域による格差は否定できない状況です。北島製作所ではこのような状況に向き合い、様々な教育現場に寄り添う形で電子黒板の開発と製造を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

電子黒板導入のメリット

01

関心・意欲が上がり、
双方向型の授業ができる

図や動画を表示させるなど、電子黒板の機能を活用することで視覚的に説明が可能になる為、子どもたちの関心を集めやすくなります。また、子どもたちが考えていることを電子黒板に表示させることで教員やクラス全体に意見を発表、共有しやすくなります。

02

分かりやすい授業を提供できる

例えば、算数や数学の図形を立体的に映し出すことで視覚的に捉えられる。理科で映像を流すことで生物の動きを見ることが出来る。

03

授業の効率化

図や地図などの資料教材を表示させながら直接書き込むことで板書にかけていた時間を削減し、必要なことを伝える時間に使うことが可能になります。また、板書を保存することで次回の授業での復習として使うこともできます。

04

消耗品のコストを削減することが出来る

チョークやペン、紙などの消耗品の使用を削減することができます。また、チョークの粉が飛散することもなくなるので教室を衛生的に保てるようになります。

キタジマのkatsuyou series

POINT01

多種多彩な個性あふれる学びの場にフィット

様々な学校スタイルに溶け合う新しいカタチ。

POINT02

スペースに配慮したデザイン

使いたい時に使いたい場所へ。

もっと使いやすいをカタチに

電子黒板を導入しても、使いづらいという声をよく聞きます。
使う人の気持ちを考え、”Easy to use more”
“もっと使いやすいをカタチに”
をモットーに
製品開発を進めてまいりました。
この度は準備が簡単ですぐに使えるオリジナリティ溢れる
常設型最新電子黒板システムをラインナップしております。
先生方又は次世代を担う生徒の皆様が
よりよい環境で使っていただけることを願っております。

常設型電子黒板のススメ

常設型電子黒板(プロジェクタータイプ)の選ばれる理由01

常設型電子黒板(プロジェクタータイプ)の選ばれる理由02

ランニングコストが安い

先生方の考えとして、生徒の手の届く範囲にあるテレビ型は故障や破損が心配であるという
声が上がっています。プロジェクタータイプなら、上部にあるため生徒が干渉することが少なく、故障または5年後の再リース時において取付板とプロジェクターのみの取替えで済むため 取替え費用が安くなります。

先生の感想として

  • 常設しているおかげで準備の手間が省け、毎日使うようになった
  • 板書の手間が減り、その短縮された時間を生徒が考えたり表現する時間にあてられる
  • 従来からの板書形式の授業との組合せも容易で、授業の幅が広がり興味を引くだけではなく、その理解を深めることに一定の効果がある
各地の代理店より日本全国で取り扱い可能